割り切り

今日は隣人のバーベキューに主人と一緒に参加しました。庭が広い隣人。車も外車。家の家具も食器も良いものばかりです。ベルを鳴らすと奥様が迎えてくれました。

「お招きありがとうございます。」「いいえ。楽しんでくださいね。」私たち以外にも何人かの人が参加していました。その人達に奥様は対応をしていました。

「このシャンパンも美味しい。高いでしょう。」「たいしたことはありません。5万円くらいの安いシャンパですから沢山飲んでくださいね。」嫌みたらしく言う奥様にみんなは内心嫌っていました。バーベキューに参加しなければ済む話ですが、お土産目当てに参加していました。だけど私は違います。奥様の旦那さんと割り切り関係になっているため、旦那さんに会うのが目的でした。もちろん割り切り関係のことは誰にも知りません。
割り切り掲示板を使って学んだ最高のワリキリをする方法

「こんにちは、斎藤さん。今日は是非楽しんでください。」旦那さんが私達夫婦に挨拶をしてくれました。「はい。ありがとうございます。」それを言うと旦那さんはその場を後にしました。私はトイレに行くと旦那に伝えて部屋に入りました。

部屋に入ってトイレに行こうとすると旦那さんが私の後ろから抱きしめました。「割り切り関係ってご主人にバレなかったかな。」「大丈夫よ。でも、他の人の目があるから注意してね。」そう言って軽くキスをして私はトイレに行きました。それから3時間後。バーベキューは終わりました。奥様は色んな人に自慢話をして満足したのか酔っ払ってしまい旦那さんが客人をお見送りをしました。
援アカ
円光をしているJK